読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員試験失敗日記

公務員試験・就活とそれぞれ失敗して折れた人のブログ。反面教師にしたり、参考になる事は参考にして役立ててもらえると幸いです。

公務員試験の買って良かったおすすめ参考書と微妙な本

公務員試験

コムです。

今回は買ってよかった、おすすめできる参考書、過去問と買って損したかもしれない本のご紹介です。

 

絶対買うべき本

・過去問500シリーズ

仕上げにも導入にも使える過去問500シリーズ。

全てのジャンルが数十ページずつ入っているので、万弁なく勉強する事ができます。

ただしこれだけだと圧倒的に量が少ないので他の過去問をプラスして下さいね。

 

買う時は少し前の年の過去問でも大丈夫です。

中身は毎年大して変わっていません。

でも10年前とかはさすがに古すぎるので、2、3年前が中古だとちょうどいいでしょう。

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

参考書

・解法の玉手箱シリーズ

初めて数的、判断に挑戦する方はこちらの玉手箱シリーズが圧倒的にわかりやすいです。

公務員試験では有名なワニ本というものがありますが、ワニ本より分かりやすくて基礎知識を付けるにはうってつけです。

こちらで解法を学んでから、ワニ本にステップアップしていくとスムーズに勉強が進むかと思います。

 

市役所などC日程の試験だとこちらの玉手箱シリーズだけでもどうにかなったりします。

こちらも改訂前の本でも内容はあまり変わらないのでお好きな方をご購入下さい。

 

数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)

数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)

 

 

判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)

判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱 改訂第2版 (公務員試験)

 

 

あると安心

・速攻の時事

 「試験まで日数ないけど時事まで手が回らない~!」「全然時事分からない!」という方にあると安心の速攻の時事。

パパッと時事知識を入れる事ができます。

が、パパッと読めるという事はそこまで細かい事まで知識を補てんする事はできません。

また、どの教科でも同じですが読んだだけでは記憶に残りませんので、読みながら自分で問題を作ってみるなどの工夫が必要です。

公務員試験 速攻の時事 平成29年度試験完全対応

公務員試験 速攻の時事 平成29年度試験完全対応

 

 

 

買って微妙だったもの

 ・受験ジャーナル

「初めて公務員試験を受けるけど公務員試験って?」という方はその年の1番最初のVol.1は買ってもいいかもしれませんが以降は買ってもあまり意味はないです。

内容としては「去年合格した人はこうしました!」「過去門の一部を公開」「公務員の仕事を紹介」「暗記シート」などです。

毎月そんな感じなので、徹底的に情報収集がしたい方はそんなにお高くないので買ってみてもいいかもしれません。

本屋さんにおいてあるので試し読みを是非。

 

ちなみに「去年合格した人はこうしました」という合格体験記は基本大学生のものしか載ってないので社会人には参考になりません。

 

公務員試験 受験ジャーナル Vol.4 29年度試験対応

公務員試験 受験ジャーナル Vol.4 29年度試験対応

 

 

・一週間で書ける公務員合格作文

 小論文の練習は必要なかったので買っても意味がなかったというか参考にならなかったというか。

心配な方はご一読。

nntkoumuin.hatenablog.com

1週間で書ける!! 公務員合格作文 第6版

1週間で書ける!! 公務員合格作文 第6版

 

 

こちらのレビューは当ブログ運営者個人の見解です。

効能や効果を保証するものではありません。

商品の購入や利用は個人の判断、自己責任でお願いいたします。

 

随時更新していきますのでよろしくお願いします。

超短期間詰め込み勉強 5つのポイント

公務員試験

コムです。

前回は超短期間1か月半で筆記試験を合格までもっていくタイムスケジュールを公開しました。

f:id:otamozyo:20170314212130j:plain

今回は勉強方法について。

 

 

1.過去問をとにかく何周もする事!

数的、判断以外の教科は過去門を何回もまわす事が大切です。

繰り返す事で答えを徹底的にインプットします。

 

しかしただ繰り返しているだけでは答えを覚えるという作業になってしまいます。

どこがどう間違っているのか、を毎回気を付けながら問題に答えましょう。

 

また、問題の空きスペースに答えられたら〇、間違えたら×、そして問題を解いた日付を書きましょう。

(数学など計算式がいるものは、回答を読んで理解できたら△)

 

繰り返すうちに〇×がたまっていくと思います。

私は〇が三連続で続いたらもうその問題は完全に覚えたとして次からは飛ばします。

最終的には何回やっても間違えてしまう問題だけ答えるので、過去問をまわすスピードが速くなります。

(最終的に1か月半で7周ほど回しました)

1冊丸々覚える意気込みで取り組みましょう。

 

ちなみに過去門はこちらのシリーズがおすすめ。

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 C日程ならこれ一冊で十分。

 

 

2.数的・判断は毎日コツコツと

数的、判断処理は一気に数をこなしても理解と応用に時間がかかります。

できるだけ毎日反復して、時間をかけてでも確実に回答できるように準備しましょう。

数的、判断は試験の中でも最も出題数が多い得点源です。

とりこぼさないように練習しましょう。

 

もしも問題を多くこなしたいのであれば、朝と夜など時間をおいて解きましょう。

続けてやっているとあまり意味がないですし、思い出すという作業の邪魔になります。

 

 

3.毎日全ての教科に取り組む

 短期間の場合「苦手だから1日この教科にあてよう」なんて事はやめましょう。

頭に定着しない上にずっと同じ教科をやってると必ず飽きます。

全教科をやるという事は、毎日くりかえる事で記憶を引っ張り出す訓練をするという意味があります。加えて、短時間で教科を変える事で勉強を飽きさせないようにする目的もあります。

 

苦手な教科がある場合は、教科と教科の間に少しずつ挟んで勉強すれば、思い出し訓練にもなりますし、ずっと苦手な教科をやるよりは気楽に勉強ができると思います。

 

 

4.勉強に飽きたら小論文の問題背景を憶える

それでも勉強に飽きてしまったら、小論文の中身について考えてみましょう。

練習はしません。

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

 

nntkoumuin.hatenablog.com

 

 

5.「時間」で勉強を区切らない

「3時間勉強したら休憩」とかはやめましょう。

大して問題が解けていなくても休憩になってしまいますし、やる気も出ません。

時間は何もしなくても過ぎていきます。

 

好ましいのは「○ページまでやったら」「××問解けたら」です。

自分がやらない限りは永遠に休憩になりませんし、頑張れば早く休憩に入る事ができます。

自分で制限をかける事で集中力も増します。

 

 

 

以上5つのポイントでした。

この5つに気を付けて、一心不乱に勉強すれば筆記試験は大丈夫!(たぶん)

約1か月半の超短期でC日程の筆記に通ったスケジュール

公務員試験

コムです。

2年連続で公務員試験C日程を受けていましたが、いつも勉強をはじめるのは8月頭でした。

 

f:id:otamozyo:20170314211547j:plain

しかし筆記試験は落ちた事がありません。

(かと言って点数は高得点でもないのですが)

 

ちなみに私は頭が悪い方です。

算数も正直四則演算以外はすっかり抜け落ちてるような人です。

 

それでもとにかくやる気と時間があれば大丈夫。

夏からでも時間がある、大学生や浪人生は諦めずに勉強してみて下さい。

以下は大学生の時と社会人の時それぞれの勉強タイムスケジュールです。

参考になれば幸いです。

 

コムの大学生時代 夏のスケジュール

8月1日から受験日までずっと以下のスケジュールを繰り返します。

 

7:00  起床

8:00  勉強開始

     (4時間勉強)

12:00 昼食

    (7時間勉強)

19:00 夕食・風呂

    (6時間勉強)

25:00 就寝

 

時々休憩をしていますが、食事風呂トイレ以外はほぼ勉強してました。

 

この日程を1か月続けると

17時間×31日=527時間

 

日程市町村によって変わりますが、おおよそ試験日が9月半ばごろだとして

17時間×15日=255時間

 

527+255=782時間 勉強できます。

 

もちろん休みなく毎日みっちり勉強します。

今思えばこれは大学生だったからこそできた荒業です。

 

もっと前もって勉強できる方は、勉強する期間を延ばして1日の勉強時間を減らしていく方が負担が少ないかと思います。

私のように「追い込まれないとやらない」タイプは、この方法だとかなりの集中力を発揮できます。

 

コムの社会人 夏のスケジュール

7:00  起床

8:00  出社

9:00  出社

17:00 退社

18:00 帰宅 勉強開始

   (1時間勉強)

19:00 夕食

20:00 勉強開始

   (5時間勉強)

25:00 就寝

 

6時間×45日=270時間

 

社会人1年目のスケジュールです。

奇跡的にも定時退社ができる会社でしたので、帰ってからすぐ勉強をはじめました。

既に去年に試験勉強をしていたので、比較的少ない時間で筆記試験に合格する事ができました。

 

それぞれ自分にあった計画を

いつも筆記試験では、このような超短期集中型の勉強法で挑んでいました。

私は自分が追い込まれないとやらないタイプだとわかっていたので、自分で自分の尻を叩くような戦法を取りましたが、これはかなりリスクのある計画です。

 

もしもあなたがこの記事を読んでいるのが春や初夏なら、今すぐ勉強を始めましょう。

特に数的・判断処理はいますぐにでもはじめるべきです。

 

時間に余裕があれば、勉強が足りない時にも対応がききます。

 

 

もしも1か月半でやるなら

1日でもなまけてしまえば気が緩んでしまいます。

本来なら半年、1年かけて勉強するような時間を1か月半でやろうというのですから、生半可な気持ちではできません。

もしもやるなら、強い意志をもって取り組んで下さい。

 

 


公務員試験ランキング

ブログランキングに参加しています。